コメントについて

溜まりまくってたスパムを消そうとしたら間違って「スパムをすべて削除」を選んじゃいましたorz
一応、確認してから消すようにはしてるんですが、もし「コメント書き込んだのに反映されてない」という人がおられましたらすみません本当にすみません;

キャラを描く流れと聞いて

アルエさんです。アルエさんですよ。
ラフラフだったのをラフぐらいに直してみました…途中でタブレットが謎の暴走をしたおかげで一回綺麗さっぱり消えたとかorz
私の画力ではパンクファッションというものが全く再現出来てませんがそこはほら、心の目的なもので。

アルエさん

たろさんのところのアルエさんです。アルエさんですよ。

旅の先

そんなこんなで(?)
エウリムのお世話になるところ、自由に設定考えていいよ!と言われたので考えてみる。
キャラのお世話になってるところの住人とか、同居人とか、表に出ないキャラを考えるのが好きなので。

教会支部の人々

トレステラから船で数日の地にある教会支部。規模は小さいながらも、堅実な神父とやり手のシスターの力で経営は順調である。聖歌隊もあるが、何故か指導員が「音楽性の違い」を理由に入っては辞めていく。

神父ペトロニウス:
短く切りそろえた頭髪に顎鬚を生やし、メガネをかけている中年男性。容貌、性格共に柔和そのものである。
教会の経営についても無茶はせず、かといって無為でもない。実に堅実。
…というのは表向きの顔。裏には熱く、そしてちょっとズレた魂を備えている。彼の元に集まる人は、皆この内に秘めた魂に惹かれている。
逆に言えば表向きの顔だけ見て来た普通の人はついていけない。
「神よ、私はチンアナゴとしてこの世に生を受けとうございました。 何故私は人なのですか。私はにょろっと生きたかったのです。にょろっとが許されないのはこう、試練的なものなのですかにょろにょろ」
と聖堂で呟いている姿が目撃されたとか。

シスターアッカレーナ:
シスターたちのまとめ役。20代後半~30代前半ぐらい。なんではっきり言わないかって?女性に歳を聞くような人は一生足の小指をぶつける確率が3割上昇する呪いをかけられるわよ。
他人に年齢を聞かれたときは23~25歳の範囲で答えている。微妙にサバを読んでいる。
支部を時に裏から時に表から支えるやり手。実質この女性が支部を牛耳っていると言っても過言ではない。
エウリムを採用した理由は「同じ眼をしていたから」。人を見る目は(ある意味)確かなようである。

聖歌隊のメンバー

シスターイルリ:
21歳。田舎の出身で、姉さん的な存在。芋大好き。芋さえあれば何も要らないぐらい芋大好き。
しかし芋のことを「ポティトゥ」と呼んでいる。別に方言とかじゃなく、精一杯都会人のふりをしたいらしい。
歌声はものっそい低音。本人曰く「アルトが出ない」。

シスターカセラ:
17歳。支部がある街の出身で、家は敬虔な教徒であり裕福な家庭だった。それ故か教育も躾もしっかり施され、まっすぐ育った。ただ、若干まっすぐ過ぎたようで、人の持つ悪意や不誠実さに鈍感。少々危なっかしい。
歌声はものっそい高音が出る。PL世界でいうと「夜の女王のアリア」のサビが楽勝で出るレベル。ただし、低音はダメ。本人曰く「アルトが出ない」。

シスターデュセレイ:
17歳。赤ん坊の時に教会の前に置かれていたのを拾って育てられた。そのため教会に対する忠誠心は誰よりも強い。「教会に手ぇ出す奴は神だろうがぶっころす」
何か勘違いしてるような気がしないでもない。
ハスキーボイス…と言えば聞こえはいいが、とんでもないガラガラ声。マジで「ボエ゛ー」という声である。

シスターエリアイア:
年齢不詳。ふらりと教会に現れ、「ここに置いてください」と言った。本当に置く方も置く方である。
物腰は丁寧で仕事も無難にこなすがそれだけに余計得体のしれない女である。
歌声は…何と表現すればいいのか地の深淵を震わせ草木を震え上がらせ動物達が必死の形相で巣に戻るような声と言えばいいのか。なんなのこのこ。

シスターセロ:
14歳。すごく ふつうの こ。顔も普通、背格好も普通、性格も普通。
しかし、この教会に馴染んでいる辺り何かあるのでは?と勘ぐってしまうがやはりどこを見ても普通である。
普通を極めると逆にあらゆる環境を受け入れられるのかもしれない。
歌声は普通。歌唱力も普通。普通がゲシュタルト崩壊しそうなぐらい普通。

僕らの住むこの世界には太陽がいつも昇り

そろそろ三期も終わりということで、PCのまとめに入ってるっぽい流れを感じますが。
自分のPCどうしようかなーと。
基本、自分のPCって「旅人」なんですよ。フラフラあっちこっち渡り歩く根無し草。一期のPCがモロそんなんだったし。
ウーロみたいに、舞台になるところに昔から住んでたってのはむしろ珍しいです。
というわけで、旅人は旅人らしくスパッと旅立たせたら…と思ってたらエウリムにいいお話が来たよ!全く予想外だったんで良いのえっ良いの?(´ω`;三;´ω`)だったよ!
マジでありがとうございました。
実は当初考えてたのは「飛行能力を取り戻して仲間の元に帰る」だったんですよ。んでも、某方とお話した時に「そうだよな、何も飛ぶだけが旅の手段じゃないよな。飛行能力取り戻すのに拘る必要なくないか?」と思いましてですね。
そんな時に別の方からいいお話を頂いたのでこれは!とお願いすることにしました。

他のPCの方々との絡みで変化していく…というのがこの遊びの醍醐味だなと改めて感じたという話でした。

ヨンデとギムとウーロはどうしよう…うーん。

NM:ウーロがウーロでウーロった

ここらでいっちょ自キャラ関連NMとやらをやってみるか!ということで。
実は「自分自身を描いて分身」っていうのは結構前から考えてたんですよ。んでも、単に魔法取るだけじゃ面白くないなあ…ってことで。折角だから戦わせてみました。
分身のセリフはワ○ピースが一番やりにくかったです。そういやワ○ピの主人公って海賊王とゴムゴム以外は喋り口調に特徴あったっけ?と。

その後分身取得しました。それに伴って分身のバリエーションも増やしました。ウロえもんとか出てくるよ。ふしぎなふででかなえてくれるよ。

NM:白鳥は再び

三期の初っ端にやったらNMの続編です。
ホントは冒険者達が大立ち回り!って感じでやりたかったんですが、敵が弱すぎた。そうですPC達の成長を考慮せずに前の敵をまんまコピペした結果です。ヤッチマッタorz

NPCが何か叫んでましたが戦隊物の台詞です。ゴーバスターズ面白いから皆見るといいよ(?

NM:kawaii

元ネタはこれです。
三つ星PLの方とSkypeで話してる時に話題に出したのが発端です。
キャラ崩壊のバリエーションをもうちょっと個性的にすればよかった。あと、軽くgdってた場面があるので誘導が上手くなりたい。
キャラ崩壊魔法は「余程運が良くないと避けられない」数値に設定したつもりだったんですが…まさか2人も避けるとは思わなかった;

NM:別れと出発

前世もの(?)です。
参加者の方々のノリの良さに大分助けられました。途中のNPCと冒険してる場面は最初ナレーションで「…ということがあったのさ」とサラッと流す予定だったよ!
まさか魔法少女オールスターズ展開になるとはな…(シリアス顔)

あと、敵のボスですがグインさんじゃないです豹マンです。チーターマンでもない。

NM:馬小屋に魔王

他所で「裏山に魔王が出たから何とかしてくれ」っていうセッションをやりまして。
そのセッションのタイトルをもじりました。
…というだけでぶっちゃけ件のセッションとは殆ど関係がないんですが。
爬虫類は色んな所に魔王を出すぞ!

珍しく(?)ソツなくこなせたと自負している。

実はこれ、続編を考えてたんですが…実に斜め上な理由でどうしたもんかうーん…と考えて今に至るという。
まさかゴリラが登録されるなんて思ってへんかったんや(?

ビヨーンとなるやつ

Easy Fancybox入れてみた。画像をクリックするとビヨーンと画像が出てくる系のアレ。
Wordpressのプラグインだとインスコするだけで出来るので便利ですね。普通のページに設置しようとするとソースに色々追加しないといけないから結構メンドイんですが。
ホントはデザインとかも弄ろうと思ってたんですが、Wordpressがバージョンアップして前のテンプレートから変わっちゃったんで。もっかい調べ直しですよ。
こういうのはメジャーバージョンアップのときでいいじゃんねえ。