月別アーカイブ: 2014年1月

ビヨーンとなるやつ

Easy Fancybox入れてみた。画像をクリックするとビヨーンと画像が出てくる系のアレ。
Wordpressのプラグインだとインスコするだけで出来るので便利ですね。普通のページに設置しようとするとソースに色々追加しないといけないから結構メンドイんですが。
ホントはデザインとかも弄ろうと思ってたんですが、Wordpressがバージョンアップして前のテンプレートから変わっちゃったんで。もっかい調べ直しですよ。
こういうのはメジャーバージョンアップのときでいいじゃんねえ。

四期予定…ですらないが

ちょっと前ですが;四期開始時期がアナウンスされましたね。
Twitterでも貼りましたが、四期PCのアイディアがふと浮かんだのでもうちょっと詳しく書いてみる。

四期予定?

お婆ちゃん→魔法少女 みたいな感じで。三つ星でやるなら「変身」取る必要あるし、若返るってのをどうやって表現するかなんですが。
仮設定:
齢90を超える老女魔導師。その風貌と冒険者としての経験・性格から「魔女」と称される。
流石に衰えは隠せないが、そこは知識と経験…そして若返りの術で乗り切る。
若返りの術は魔力を最大限に高めた時に使えるもの。元々は若返りを目的にしたものではなく、衰えた魔力を一時的に高めるための術だった。副次的効果で肉体が活性化し、かつての力を取り戻す。
衣装もチェンジする。なんでかって?若返ったらオサレしたい女心だよ言わせんな恥ずかしい///

ぶっちゃけロールできるか分からないし、ルールに引っかかってる可能性もあるんで。
やるかどうかは未定です。

NM:Fog horn

レイ・ブラッドベリ原作のNM第二弾。「太陽の黄金の林檎」に収録されている「霧笛」という作品が元になっています。
因みに自分は早川版です(?)
有名なやつなんで知ってる人も多いかなー…と思ってたんですが。やっぱり好きすぎたので立てちゃいました。

もうちょっと何かあっても良かった気がしないでもない;
いやあれ結構色んな技能に対応してたんだよ戦闘もできるようになってたんだよホントだよ(?)

もう一個ブラッドベリの短編でセッション化したいのがあるんですが。
「ラザロのごとく生きるもの」という作品で、テーマとか雰囲気は凄く好きなんですがちょーっと三つ星とは合わないかなと頓挫してます。結構ドロドロした人間の内面を描いたものなので。

NM:いざ氷山へ

PL茶で話題にした「たらい氷(http://kisyoku.info/mountain10.htm)」が元ネタのNMです。
タイトル通り(?)たらいに山盛りされたかき氷をひたすら食うだけの簡単なNMです。
氷冷攻撃があんまり当たらなかったので、もうちょっと命中率を上げておけばよかった…。寒さに耐えつつかき氷を食べるっていうシチュをやりたかったんですが。
とりあえず、某ア○リさんとカン○キさんの底知れぬ食欲吹いた。羊羹入れとくべきだったな(?)

NM:夢忘れることなかれ

寝る前だか起き抜けだかにふと思いついたNMです。
PC達が経験したはずの事件を「忘れていた」みたいなシチュはどうだろう…ということで。
深夜NMなのにストーリー・探索まで付けるとか無茶したよね…。
いや実は本当は 村に行ったよ!→村人が動かなくなってるよ!→許せねえ敵の本拠地に乗り込むぜ!
…みたいな単純な展開にしようと思ってt(ry

NM:サイエンティフィック・ファナティック そして新年のご挨拶

先に言えよって話ですが;
明けましておめでとうございます。
昨年は結構本格的に動くようになりました。今年も人が集まる時間に来れるかどうかは分かりませんが;マイペースで行きます。

というわけでNM話再開するよ!

NM:サイエンティフィック・ファナティック
以前から疑問だったことがテーマです。
こういうことなんですけど。

では、魔法が存在する世界にあえて魔法と対立する「科学」という学問が生まれるとするなら、それはどういうものになるのか。こっちの世界でいう「妙な理屈を振り回す秘教集団」みたいなもんじゃね?っていう。
敵が持ってる装置はもうちょっと現実の理論に則したもので、尚且つ中世ぐらいの技術でも再現できるものにしたかったんですが…NMがモロ文系なのでダメでした。
理系の人ツッコまないで!

「科学なんて迷信を信じるの? この魔法文明の世の中で」 -大長編ドラえもん のび太の魔界大冒険-
藤子先生は偉大です(?)

母ミリしら

先日PL茶で「母にPCの顔絵一覧でミリしらやってもらおう」と言ってましたが、めでたく(?)実行できましたので結果発表。
*許可いただいた方は網羅してるはずですが…もし抜けていたら、言っていただければ次来たときにやってもらいますすみません;
んでは「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む