月別アーカイブ: 2013年9月

NM:海より帰りて

原作付きのNMです。
レイ・ブラッドベリの「海より帰りて船人は」という作品を元にしてます。いやこれラストが凄い好きなので。
これに収録されてます。
http://goo.gl/GAQkn

一応アナザールートと原作通りルートを用意してたんですが…アナザーに入る条件はもっと厳しくした方が良かったかも。正直吟遊気味でPCが自主的に動く部分があまりなかったので…。
原作通りルートの方に入ると、もうちょっとPCが自主的に動いて物語を変えられるようになってたんですが。
最後の最後でやらかしたのは脳内補完していただければ幸いですorz

それにしても原作に比べて自分の文章力の拙いことよ…いや、当然なんですが。

NM:God Golem

見ての通りの(?)パロNMです。
本来のゴーレムは土人形なんですが、ファンタジーだとロボ扱いされることが多いですね。
センチネルもロボっぽいですし。
じゃあ思いっきりロボにするよ!ロボアニメ大好きだからアレとかコレも盛り込んじゃうよ!で、こうなりました。
実はこれ、他所でやったやつの三つ星版です。
他所でやったときはゴーレムは複数人が操縦するタイプで、合体はしませんでした。各人が「司令役」「格闘戦役」「射撃役」「支援役」に分かれて戦うという形式でした。
三つ星のシステムだとまんま持ち込むのは難しいかなということと、合体やりたいロボアニメの華といえば合体だろ!という個人的な事情9割でああなりました。

続編考えてます。やっぱりほら、ロボアニメの定番のアレやりたいので。
あと、チラッと言ってた「隠しモード」はこれです。
http://goo.gl/65skJc
始まる前に可能性の獣がどうのこうの言ってたのはこれの伏線でした。張ったままでしたが。

NM:白鳥のごとく

季節ものということで。
以前ウェディングドレスのタイプを調べてた時に「なんかロボゲーの機体選びみたいだな」と思ったのがきっかけです。それぞれに見た目の特徴とか着やすさとか個性があったので。これはゲームに出来る!と。
目標値が低めだったので、もうちょっと高め(10とか)にすれば良かったかも。あと、各ドレスの修正値は最後まで悩んでましたすみません。能力値-2じゃなくて素振り基準に考えたらよかったんや…。

因みに、NPCの名前は有名デザイナーから取ってます。
http://www.katsura-yumi.co.jp/

それにしても、参加者の中からカポー二組誕生するとは思わんかった。
男も花嫁だけd(ry)

君の君の名前

PL茶で微妙に話が出てたので。
ヨンデの名前ですが、由来・設定共に「手が4本あるから」です。
これは森を出てから名乗っている名前で、森に居た頃は違う名前を名乗っていました。
彼の部族には「忌み名信仰」があり、本当の名前と対外的な名前を使い分けてます。
本当の名前は「細い弓の月を司る神に祝福を受けた五番目の卵の息子」。対外的な名前は「遠くを見る者」でした。
森を出てからは、森の神の加護を失ったということで、上記の名前は捨てています。
…見る人が見ればバレッバレですが「恐竜惑星」は名作です(?)

などと無駄に細かい設定を披露したところで。
三期のNM話始めるよ!

NM:獣は神なり、人は獣なり

なんか仰々しいタイトルですが。
神獣シリーズ(今付けた)の最終章です。

最終章らしくいろいろ盛り込むぜ!とばかりにやったんですが…盛り過ぎた。
どうも中途半端だったりgdってたりでうーん…。
「敵の本拠地に乗り込んでラスボスぶん殴るよ!だと今までと同じだからもうちょっと何かやろう」ってのが裏目に出たかもしれん。
もう二期の終盤で、自分の好きな世界観とか設定とか全部やるもんね!だったのである意味満足ではあるんですが。

ラスボスの性格があんなんなのは本気で掛け値なしのクズ野郎にしたかったからです。生命を弄ぶことに何の罪悪感も感じてない。プラモ作るような感覚で僕の考えた最強のモンスターだヒャッハー!みたいな奴。
上手く調節しないとキャラ通り越して中の人に不快感を感じちゃったりするんで、難しいところなんですが。

NM:嵐と刃

三つ星にリンク登録してもらったよヤター!んでも、記事が全然なかったら来た人もなんだよ廃墟かよと回れ右しちゃうよ!
ということで。更新出来るときにドカドカ更新しておこう。

前回の「吹雪の晴れるとき」の続編。
チラッと出てきた神獣が云々って話を膨らませました。神獣=動物に自然を操る力を付与したモンスターということで。神獣の名前ですが、ウィッジウィーゼル→風・刃+イタチです。ウィンドとエッジの最初と最後の部分をくっつけました。こういうのかばん語って言うんでしたっけ。

んで、敵。テストプレイではそこそこ頑張ってくれたんですが…「転倒」が効くようになってたからフルボッコされたよ!
すみませんそこら辺がよく分かってませんでしたorz
飛び回ってるんだから転倒効かないでも良かったはずなんだけどなあ…。
爬虫類NMには珍しく(?)次の回に向けた伏線的なものを入れました。ラスボスが顔見せするよ。
空中にでっかい唇とか一歩間違えたらギャグだけd(ry

NM:吹雪の晴れるとき

他所でやったセッションの三つ星版です。
ストーリーは大きく変えてないんですが…村長から食事食べてく?って言われるところが追加されました。
実はこの食事には痺れ薬が入ってて、薬が効いてきたところをNPCに助けてもらう的な展開を考えてたんですが。バレバレでしたね;
もうちょっとさりげなくサラッとやっといて実はこれが伏線だったんだよ!な、何だってー!?みたいな技術を身につけたい。

実はこれ「調子こいたモンスターがいるからやっつけろ」っていう程度の話だったんですが…その場のノリで後付け続編化しました。
爬虫類のNMはいかにも伏線みたいなものが出てくるがそんなものはない(?

NM:何かをバックに殴り合う者達

三つ星で最初にやったNM。
初NMが二期からなんですが、実は一期の段階ではまだシステムがよく分かってなかっ(ry
どうしよっかなー、二期になったらシステム変更されるみたいだしじゃあ変更後に…とズルズル行ってたっていう。

タイトルまんまです。敵と殴り合う。以上。
まずはシステムに慣れようってことで。こんなド単純な内容にも関わらず参加してくださった方々には足を向けて寝れません。
普通こういうシンプルな内容だと何かギミック仕込んでたり敵の強さが絶妙だったり…と面白くさせる要素を入れるものだと思いますが。
そんなものはなかったぜ!!
すみませんでしたorz

あと、敵が弱すぎた。どう調整して良いのか分かってなかったので…一応テストプレイはしたんですが。当時の自分は何故あれで良いと思ってたんだろうか。
まあ、一応敵の設定(調子こいてるだけの素人)には合ってたと言えなくもない。
小物悪役が好きなもので。

正直、調整は今でも苦手です。テストプレイだとそこそこ強いのに実際に戦わせたら1ターンキルとかよくあるよ!!